はる ガーデン&エクステリア

  • デザインオフィスハーフ
  • 青山ガーデンフラワー
  • HARU GROUP
TEL.0246-34-8600
管理メンテナンス

Planting Work

植栽工事

植栽工事は、外構工事と合わせて行うことで、多くのメリットが生まれます。
高い塀を巡らせなくても樹木を植えることで目隠しの役目を果たしたり、フェンスの代わりに生垣を作ったり、時にはそれだけで外構工事に匹敵する力を発揮することもあります。
また、植えられた樹木の花や葉の色から季節を感じたり、種類によっては果実の収穫が出来たりと、自宅のお庭で様々な変化を楽しめ、家族の会話も広がります。
新築のお宅だけではなく、今までのお庭を少しだけリフレッシュしたいというお客様も数多くいらっしゃいますので、どんな小さな事でも遠慮なくお問い合わせ下さい。
私たちHARU-GROUPは、「プランツコンシェルジュ」という言葉のもと、グループ全体でお客様の生活に関わる植物のご相談を承っております。植物にかかわることならどんなことでもお気軽にご相談下さい。
Planter Plant プランター植物
地植えで植物を植える以外にも、プランターに入れることでお庭にアクセントをつけるという方法もあります。
中高木を鉢植えにすることにより、適度な大きさを保つ事が出来るという利点もあります。
グループ会社「青山ガーデンフラワー」では中高木にも対応できる大きなプランターを多数ご用意しております。お気軽にご相談下さい。
Middle and High Tree 中高木
植栽時1.5~3m前後ぐらいの樹高で、シンボルツリーとして植えたり、季節を感じるお庭のアクセントとして植えたり、
用途によって種類を選び植えていく樹木です。
  • イロハモミジ
    日本では最もよく見られる紅葉の代表種です。名前の由来は、分かれた葉の先を「いろはにほへと…」と数えたことに由来しているといわう説も有り、古来から親しまれる庭木の代表的な存在です。
  • オリーブ
    風にそよぐ樹形と灰緑色の可愛い葉、「南欧の樹木」らしいイメージが人気の常緑樹です。実は「オイル(oil)」の語源は、このオリーブに由来しているという説もあります。
  • キンモクセイ
    江戸時代に中国から渡来し、秋を代表する香りのよい花木といわれています。大気汚染にも強く樹勢の強い木です。
  • シャラノキ
    夏に清楚な花を咲かせ、涼しげな風情が好まれます。朝に開花し、夕方には落花する一日花です。シンボルツリーとしても気があります。
  • シマトネリコ
    日本ではもともと沖縄にしか自生していませんでしたが、美しい小葉の間から降り注ぐ木もれ日が、涼しげでさわやかな印象を与え、人気を呼んでいます。
  • ヤマボウシ
    5~6月にとてもきれいな花を咲かせるだけでなく、9月頃になると赤い実をつけます。観賞用としても食用としても楽しめます。
  • ジューンベリー
    欧米では一般的な庭木で、バラエティーに富んだ園芸品種があり、4~5月に花を咲かせ名前の通り6月頃に身をつけます。果実は小さいですが甘みがあり美味しいです。秋の落葉前の紅葉や黄葉も美しいです。
  • ライラック
    寒さに強い落葉樹です。あまり大きくならないので人気があります。4~5月の開花期は甘い香りを漂わせます。庭木のシンボルツリーとして魅力的な花木です。
  • モッコク
    かつては「モッコクなき庭は庭にあらず」といわれるほど、庭木として重要視されていました。乾燥や病気にも強く、風格のある樹木です。
  • ハナミズキ
    桜が終わったころから5月の半ばまで赤花や白花たくさん咲いているので、春の訪れを告げる木として人気があります。
  • クロモジ
    花や実はそれほど目立ちませんが、新芽や紅葉が美しい樹木です。枝を折るととても良い香りがし、高級楊枝の材料などにも使われています。
  • ブルーヘヴン
    直立するように上の方に伸びていくスマートな樹木です。日当たりが良い場所では、シルバーかかったブルーグリーンの美しい葉色を楽しめます。
Shrub 低木
成長しても樹高が3m以下の樹木で、花を楽しめる種類も数多くあります。
お庭の雰囲気に合わせて、和風、洋風等とバリエーションに富んだ組合せを楽しむ事が出来ます。
  • オタフクナンテン
    お多福南天(オタフクナンテン)、幸せを呼ぶ木としても有名です。ナンテンと付いていますが、実は付かず、霜にあたることで真っ赤に紅葉します。生垣にも使われます。
  • アベリア
    イタリアで生まれた花木です。コンパクトで好みの大きさに剪定することができるうえに、開花期の長い花と、斑入りなど葉の観賞価値の高い園芸品種もあっておすすめの花木です。
  • コデマリ
    白い小さな花をたくさん咲かせ、枝垂れる姿がとても見事な、春を代表する花木です。同じ仲間のユキヤナギよりも後、4月~5月に開花します。
  • サツキ
    欧米では一般的な庭木で、バラエティーに富んだ園芸品種があり、4~5月に花を咲かせ名前の通り6月頃に身をつけます。果実は小さいですが甘みがあり美味しいです。秋の落葉前の紅葉や黄葉も美しいです。
  • アセビ
    早春に穂になって咲く小さな白い花や、紅色の新芽、濃い緑色の葉が美しい花木です。馬が食べると酔ったようにふらふらとした足取りになることから、漢名で馬酔木(アセビ)と書かれるようになったとされます。
  • ウメモドキ
    樹姿や葉の形がウメに似ることから和名が付いていますが、モチノキ科の植物です。落葉後にも果実が残るため、冬の庭をかわいらしく彩ります。
Indoor Planter インドアプランター
室内で楽しむ観葉植物も多種多様なものがあります。種類により適した環境や水やりの方法が変わってきます。
お部屋の環境に適した植物や植え替えは グループ会社「青山ガーデンフラワー」にご相談ください。
Hedge 生垣
植栽によってつくられた垣根のことで、 敷地の境界などに樹木を巡らせて塀の役割を持たせます。
高さや植物の種類によって用途や景観に特徴がありますが、ここでは一般的によく使わせる植物をご紹介します。
  • マサキ
    耐陰性が強く、排気ガスなどの大気汚染や潮風にも比較的強く生長が早い樹木です。葉は楕円形で縁にゆるやかなぎざぎざが入り、革のような光沢があります。
  • プリペット
    セイヨウイボタノキとも言われ、洋風の建物に合う生け垣作りに向いています。モクセイ科の常緑広葉樹ですが寒い地方では半常緑(冬場は葉が落ちる)となります
  • ドウダンツツジ
    新しい芽が吹く頃に花を咲かせ、その姿は白いつぼ型で枝から垂れ下がるようにたくさんつきます。秋の紅葉は非常に美しく、季節ごとにその美しさを楽しめる樹木です。
  • マホニアコンフーサ
    庭の花が減り始める10~11月頃に黄色い花を咲かせます。害虫も少なく、西日でも日陰でもよく育ち、和洋を問わずにコーディネイトしやすい樹木です。
Ground Cover Class 地被類
地表面を覆って地肌を隠す草丈が低く性質強健な木本及び草本類の事で、一般的にはグランドカバーと呼ばれています。
色合いが豊富で様々な種類のものが販売されています。
  • フィリフェラオーレア
    糸状の垂れ下がる黄金色の葉が特徴です。 苅込にも強く、春~秋頃までは爽やかなライムグリーンの葉色が楽しめます。
  • ニューサイラン
    地被類の中にポイントとして植えるのがおすすめです。寒さ・乾燥に強く丈夫。多湿に弱いですが、育てるのは比較的容易な植物です。
  • ブルーカーペット
    色は青みがかった美しいグリーンで、 カーペットのようにどんどん地面を這っていってく性質があります。成長がとても早く暑さ寒さにも強い品種です。
  • アカバドラセナ
    アフリカ熱帯地域原産の植物で非常に多くのバリエーションを持ち、品種によって形状や葉の色などに微妙な違いがあります。
  • ギボウシ
    葉を楽しむカラーリーフのような植物です。存在感のある日陰向きの植物として、もっとも適している植物のひとつですが、冬は地上部が枯れますが、翌年にはまた新しい葉が出てきます。
  • ヤブラン
    日陰・日向、湿潤・乾燥いずれにも強い植物です。ほふくして伸びないので、管理しやすいというのも大きな特徴です。晩夏に穂状の花を咲かせます。
  • ヘデラ
    這うように広がったり、枝の節々から気根を出して壁や樹木にくっついてよじ登ります。観葉植物から公共緑化にいたるまで、非常に用途の広い植物です
  • シダ
    華やかな植物ではありませんが、日陰か半日陰の場所を好む品種が多く、樹木の下などに植えるには最適です。
  • ヒューケラ
    春夏秋冬、表情を変えながら美しい葉を保つ常緑多年草です。大きく分けて7色の葉色があり、日陰、般日陰でも育つお庭を彩る植物です。
  • コクリュウ
    リュウノヒゲなどに比べ葉が大きく、他の植物のグリーンを引き立たせるなど、独特の魅力で非常に古くから庭園などで愛される園芸植物です。